晩夏から初秋へ

気温の変化はわずかでも、朝夕は秋風が立ちはじめました。
去り行く夏を惜しむ短い季節を、花たちも敏感に感じているようです。

アゲラタム  キク科アゲラタム属
英名  flossflower, pussy-foot
花言葉 信頼 安楽

昔毛糸で帽子を編んだ時に作ったボンボンを思い出します。
こまかくてクシャクシャで、写真を撮るのが難しいです。

この塊りが一つの花でしょうか。

ムクゲ アオイ科ハイビスカス属
英名 althaea, rose of Sharon
花言葉 繊細な美、信念
フウセンカズラ ムクロジ科カルディオスペルマム属
英名 balloon vine, heartseed
花言葉 魅力ある性格

夏の花木はなんといっても先ずムクゲでしょうか。
ハイビスカスと同じ種類なので美しい存在感ですが、
ハイビスカスの華やかさに比べると清楚で涼やかですね。

ふと見上げたら沢山の実がふんわりと揺れていました。
なんとなくメルヘンチックな趣きを感じるのは私だけかしら。

ジニア(ヒャクニチソウ)  キク科ジニア属
英名 common zinnia
花言葉 高貴な心


百日草というと昔はお墓参りを連想しました。
花が長く咲き続けるからでしょうね。
ジニアと呼ばれる今風な花も
色数が多くて長く咲いて楽しませてくれます。

花のメシベとオシベの変化が面白いですね。

トレニア ゴマノハグサ科 トレニア属
英名 torenia
控えめな美
ランタナ タマツヅラ科ランタナ属
英名 lantana
花言葉 厳格


可愛い花なので、以前は夏近くなるとよくポット苗を買ってきました。
最近はあまり見なくなったので、道筋に咲いているのを見たら嬉しくなりました。

花の色が変化するのが面白いですね。
見かけるといつもチョウチョがとまっていました。蜜が美味しいのでしょうか。


Thanks for viewing my photo.

デジカメ日記目次

HOME