ボタニカルアートの、はじめての描き方



ボタニカルアートを見た人から、よく聞かれる事。はじめての描き方。
 展覧会で、「描いてみたいけど絵心が無いからダメかしら」とよく言われます。又、大人の塗り絵の本を買って下さった方から、「塗ってみたけれどうまくゆかない」という声も聞きました。「こんなに細かく描くのは面倒だ」と思って敬遠する人も多いです。実物の通りに描くだけの絵は芸術的センスを必要とする絵より取り組み易いのに、最初から敬遠されてしまうのはとても残念な事です。
 でも興味を持って下さるのは嬉しい事なので、描いてみたいけれどはじめはどうすればいいのかわからないと思っていらっしゃる人向きに少し書いてみます。
沢山の先生がそれぞれの考え方で教えていらっしゃいますから、アトリエや教室で習っていらっしゃる方は先生に従って下さいネ。

下絵は鉛筆で書きます。
水彩画には下絵無しで最初から筆だけで描く方法もありますが、植物画やボタニカルアートは植物の細かい部分も描くので、ほとんどの人が鉛筆で下絵を書いています。この鉛筆の線が塗る時の大切なガイドラインになります。
鉛筆線はあまり濃過ぎたり太過ぎたりしない方が、塗って仕上げた時にきれいです。
色鉛筆で塗る場合は下絵も同じような色の色鉛筆で書いた方がきれいです。

下絵に沿って塗ります。
はじめての方が失敗するのは、たとえば赤い花だからといって花一面に赤い絵具をべったり塗ったり、葉っぱを緑色でベタッと塗ってしまう事が多いようです。平らなビニールの板みたいになってしまうのです。
塗り方のはじめは、次のようにしてみて下さい。
実物の色より薄く溶いた絵具で塗りはじめます。色鉛筆なら軽く塗りはじめるといいです。
たとえば赤い花を見ると、出っ張った部分は光が当たって薄い赤に見えますね。はじめはその程度の薄い色で塗ります。薄くするという意味は白を混ぜるのではなくて、水で溶いて薄くした色です。
へこんでいる部分や隣の花びらや葉っぱの影になる部分はもうちょっと濃い色に見えますね?そういう所は絵具を塗り重ねて濃くします。セロファンを想像して下さい。白い紙の上に赤いセロファンを1枚だけ載せると薄〜い赤にしか見えませんが、セロファンを重ねてゆくと1枚重ねる毎に色が濃く見えますね。あんな感じをイメージしながら、(ここはもう1回塗ろうかな)(ここはもっとへこんでいるから、ここだけもう1回塗ろうかな)という感じで塗り重ねます。平らな紙の上でお花や葉っぱがふっくらと見えてきたら大成功です!
何枚か描いてゆくうちにコツがわかってきますので、やってみてね。
絵は描いた枚数分上手になるという言葉がありますよ。大好きな言葉です。私はそれを信じて描いています(*^^)v。

逆に濃く見える陰の部分から塗り始める方法もありますが、はじめての方は薄い色から塗る方がいいかもしれません。
色鉛筆で塗る場合も同様な手順で塗って下さいね。

絵具の場合、塗り重ねは乾いてから。
絵具が濡れている上から重ねて塗ると、ムラになり易いです。また、先に塗った部分が濡れているうちに隣の花や葉を塗ると境目がにじんでしまいます。
紙を斜め横から見ると濡れている時は光ってみえますから、乾いてから塗るようにします。乾かしている間に次に塗る色を選んだり準備したりお花をよ〜く見たりしながら一息つきましょう。
早く乾かしたい時はヘヤードライヤーを使う事もあります。但しビュンビュンではなくて、ちょっと離して優しく軽く動かしながらネ。

基本的に白と黒は使いません。
白い花は白い絵具で塗りません。白い紙に白い花を書いて白で塗っても見えませんよね(^^;)。どうするかというと、花びらのふちのヒラヒラや凹凸や陰だけを塗る事で花の形を表します。
花も葉も一番暗い部分は黒っぽく見えますが、黒い絵具では塗りません。色を塗り重ねて濃くするか、いろいろな絵具を混ぜて陰の色を作って塗ります。例えば単純に言えば、反対色を混ぜると陰の色が出来ると考えて下さればいいと思います。
(白と黒の絵具は使ってはいけないという意味ではありません。特殊な効果を出すために少量使う事もあります。)

実は、続けて画材 (書いたり塗ったりする道具)についても書いていたのですが、続きはまだですか〜?というメールが時々届きます。皆さんがこのページを見て下さっているのを知って嬉しくなりました。だって、ボタニカルアートに興味を持って下さる証拠ですものね。ありがとうございます。
いろいろ書いているときりがないのでここまでで一旦アップして、続きが書けたら追加しますね。

初めての画材

ボタニカルアートってな〜に?    歴史の中のボタニカルアート    ボタニカルアートの「何故?」
    はじめての描き方    初めての画材    ホームページ