サイネリア 富貴菊

まだ風が冷たい頃に鮮やかに咲くサイネリア。
目につくと思わず手が出ます。そしていそいそと描きはじめます(^_^;)。
本来は宿根らしいですが、鉢で翌年咲かせるのはちょっと無理そうですね。
Cinerariaは正しくはシネラリアと読むのですが、死ねを思わせる音を避けて一般には(サイネリア)と呼びます。

ボタニカルアート目次に戻る

ホームページ