アネモネ (コロナリア)

色とりどりのアネモネが今年も沢山咲きました。
風の花と呼ばれるように細い茎が風にゆれ、少しの風にもハラハラと花びらが散ってしまいます。
春を呼ぶ使者のように咲き始めるのに、その春風に散ってゆくアネモネは、
春の妖精のように愛らしくいとおしく、毎年球根を植えて、一緒に春を待つのです。
今年は根元を茎でしばって花束にしました。

ボタニカルアート目次に戻る

ホームページ