ヒヤシンスの水栽培
冷蔵庫で冬体験したヒヤシンスの成長記録です。
by 浜ッコ便り

2000年1月3日更新


スーパーで、容器にセットしたヒヤシンスの水栽培セットを見た時、小学生の頃の理科の家庭学習を思い出しました。大人になってからも、ガラス容器で花やお芋の水栽培を楽しんだ事がありましたが、根の成長を見ることが出来るのは楽しさと共に、植物の生命の成長を見る感動がありますね。
今回は冷蔵庫の中で一足先に冬体験をさせて育ててみました。

(記録は下段からはじまります。)

2000年1月3日(97日目)
元旦の朝咲き始めたと思ったら、3日にはもうこんなに満開になりました。根はほんの数本が底に届いた程度です。
栽培日記リンクしているかめださんは、根がとても長く伸びて、芽が緑色になってきたようです。
早く咲くといいですね!

冷蔵庫で発根し、ガラス越しの光で育ったヒヤシンスをはじめて外で撮りました。


満開のヒヤシンスの写真です。


2000年1月1日
12月31日 午後10時30分頃1月1日 午前9時40分頃
ヒヤシンスヒヤシンス
大晦日の夜遅くなって、初詣に出かける前に写真を撮った時に、何か中の方に白い芽が見えると思っていたのですが、元旦にはピンクの花がいくつも開いていました。
球根に付いていた説明通りなら、1月末には咲くかもしれないと思ったのですが、思いがけない速さで開き、ミレニアムを祝う開花になりました。
この写真のあとも、次々と花が開いていますから、株一杯に咲くのはもうすぐかもしれません。

12月27日(92日目)
12月20日12月24日12月26日
ヒヤシンスヒヤシンスヒヤシンス
芽が毎日どんどん伸びてきます。
成長がわかり易いように、容器の真横から撮った写真を並べてみました。
根はこれほど目覚しい伸び方ではありませんが、一番長い根は容器の底に届く長さになりました。

12月22日(87日目)
ヒヤシンスヒヤシンス球根のてっぺんが割れて中が緑色に見えてきました。
中には芽らしい緑色の突起がいくつか盛り上っています。
あまり寒くなってきたので、室内の日のあたる出窓に移動しました。
根はあまり変化ありません。

12月16日(81日目)
スタートしてから10週間たちました、説明書には冷蔵庫で10週間と書いてあるので、外に出す事にしました。置き場所は日のよく当たる戸外です。
球根の上部はしっかりと伸びて赤みを帯びてきました。

11月10日(45日目)
全体にみっしりと根がはえてきました。
球根の上部も全体にふくらみ、真ん中が盛り上っています。
10月18日(14日目)
丁度2週間です。
根の長さは長いもので3cm位になりました。
まばらですがしっかりした根です。

10月10日(6日目)
そっとのぞいてみたら、まだ1週間にもならないのに、もう少し根が出はじめていました。
週1回水を入れ替えています。

10月4日
栽培スタート。
容器には、ここまで水を入れて下さいという線もちゃんとついていました。

花づくし目次   ホームページ