アネモネ栽培日記2019〜2020

アネモネは植える前の処置が必要です。
今年は今までと違う方法を試しました。
ずっと簡単なので、うまくゆくといいな〜。
記録は下から見て下さいね。

ホームページ

1月19日 ツボミです〜〜ヽ(^o^)丿。

ツボミらしいと思っていたのですが、雨だったり雪予報だったりしてなかなか写真が撮れませんでした。
これは下に載せた球根とは別です。
嬉しい〜!おはよう、ようこそ。
明るい春を一緒に迎えようね!♪

1月11日 一つの球根から、こんなに芽が出るのですね。

12月の3日に写真を載せた球根です。
土をかけても伸びあがってくるのでそのままにしておきました。
今はこんなに芽が出て育っていますよ。目立ちたがり屋さんかしら。

1月6日 葉っぱが育ってきました。

発芽が早かったものは背が伸びて葉が広がってきました。他はまだ発芽が続いています。

12月16日 前途多難かな〜。

とりあえずあっちこっちから発芽していますが、
いつもに比べると成長が良くないです。
わかり易いように周りをぼかしました。

12月3日

元気に育っている子もいますが、

 

球根が飛び出している子も。

11月4日

鉢のあっちこっちから発芽が始まりました。
写真を撮って、周りをぼかしたのでわかりますか?
冷たい雨が続いているので、お日様が出ると元気に伸びるかも。

11月10日

本には、一晩浸してから植えると書いてありますが、丸一日待ちました。
シワシワだった球根がふっくらしたようなので、植えました。
土をかぶせる前に撮った写真です。うまくゆくかな〜。ドキドキ。

その時の球根です。

11月9日

球根を水に一晩浸して柔らかくしてから植えると書いてあります。
ジャムの空き瓶をよく洗って、球根を水に浸した時の写真です。9日午前10時頃です。

アネモネ植えつけ前の処理について。
アネモネを育てはじめてから20年以上になりました。
アネモネの球根は乾燥してシワシワなので、そのまま植えるとカビ易いです。そこで前もって湿らせておく必要があるのですが、本やネットには様々な方法が書いてあるので、私も面倒な事をいろいろやっていました。
ところが、アメリカで買ってきた園芸の本には超簡単な方法が書いてあるのです。今年はそれを読みながら植える事にします。


球根日記にもどる

ホームページにもどる。