アマリリス・シャルムール 栽培日記2018〜2019


アマリリス・シャルムール ヒガンバナ科
このページからの続きです。

花が小さめのアマリリスの球根を見つけて植えてから12年たちました。毎年分球して球根が増えて嬉しいのですが、我が家には庭が無いので増えた球根は知り合いにお嫁入りしています。
鉢植えの場合は2,3年に一度は植え替えた方が良いと聞きましたので、2017年11月に掘り上げて保存しておきました。
そろそろ植え時だと思います。いくつも小さな球根が出来たので二つの鉢に植えました。

栽培の記録は下からはじまります。

ホームページ

2019年5月14日

1本の花茎から四つ咲くのですが、これは三つ咲いた時の写真です。
花が大きいので、狭いベランダが一気に華やかになりました。
右下に別の花茎がありますが、わかるでしょうか。
別の鉢に植えた球根にも小さなツボミが出来ています。咲くかな〜。

2019年5月10日

花茎がぐんぐん伸びて、ツボミが膨らんでいます。背丈は球根の上から30センチくらいです。
もうすぐ咲きそうですね。
根元からもう1本花茎が出てきましたが、わかるでしょうか。

2019年4月23日

ツボミが出来ました。
球根が大きく育っているし、分球したらしくて周りからいくつも発芽中なので、
窮屈かな〜、咲くのは無理かな〜と思っていたのです。
嬉しい〜〜。

2019年1月19日

球根の根元から新しい葉がいくつも伸びています。
昨年は一個の球根から2本の花茎が出来ましたが
なにしろ鉢が小さいのでちょっと窮屈かしら。

2019年1月2日

鉢に植えたまま半年を過ぎました。
その間に枯れた葉は取り除きましたが、
緑色のままの葉もあります。
新年を迎えた今の状態です。

2018年6月2日

2本の花を切った後です。
球根の花後は出来るだけ根元で切った方が良いのですが
アマリリスはあまり根元ではない方が良いと聞いた事があります。
茎の中途で切ると、中には水分が一杯でした。

2018年5月25日

2本の茎から8つの花が咲いているので賑やかなコト
私を見て〜と言いたげに、晴れた空を見上げています。
私の方を向いて〜と言いたい私ですが、花達は私より太陽の方が好きらしいです。

2018年5月17日

1本目の茎から咲いた最初の花で、ツボミは四つあります。
右に次の花茎が伸びているのがわかるでしょうか。
10年以上栽培した球根ですが、一つの球根から花茎が2本出たのは初めてなのでびっくりです。

2018年5月7日

昨日6日に撮った写真です。
花の茎が日に日に伸びているのがわかるでしょうか。
間もなくツボミが開くと思いますが、
今日から明日にかけて天気大荒れらしいのでどうなるかな?

2018年5月4日

ツボミの後ろの根元にもう一つツボミが出来ていました。(黒矢印)
なにしろ成長が早いので気が付くのが遅れます。

雨風大荒れの天気なので足元におろしてありますが、
元気に毎日伸びています。ツボミの根元で様子がわかるかな?
2018年5月3日朝の写真

2018年5月2日

一番大きい球根に変化があります。
これは葉ではなくて花茎じゃないかしら。
2018年4月27日

2018年4月29日

2018年4月24日

二つの鉢に植えました。さあ、目を覚ましてきれいに咲いてね。

新聞紙にくるんで保存した球根はこんな状態でした。


球根日記にもどる

ホームページにもどる。