アマリリス栽培日記

アマリリス・シャルムール
ヒガンバナ科
背丈が低くて花が沢山咲く品種です。
鉢に植えたままでしたが、昨年は花後に堀上げました。

栽培の記録は下からはじまります。

ホームページ

前回の成長記録はこのページでご覧下さい。
開花した様子はこのページでご覧下さい。

2008年5月7日




すでに5つ咲きそろいました。
球根の両側から出てきた葉はしっかりと成長しています。
でもその葉の間から別の花茎が出来るかどうかは不明です。
もし出来たら大喜びでここに写真をのせますが・・どうなるかな?

2008年5月1日




華やかに、最初の花が開きました。
右の写真は花を正面から撮ったもの。左は後ろ姿です。
ガクが開いた中に他に4つのツボミがあるのがわかるでしょうか。
しっかりと守っていたガクからこぼれるように出てきたのですね。

2008年4月26日




この数日気温が下がったせいか、足踏み状態です。
でも、いくつかのツボミが確認出来るくらいになりました。
球根のそばから新しい葉が出てきました。
植えっぱなしの時は先ず葉が伸びて茎が伸びて次がツボミなのに、
掘って保存して植えるとこんなに違う育ち方をするのですね。

2008年4月23日




真ん中あたりがいまにも開きそうな気配なので、雨と風の中で撮りました(^^;)。
そろそろ咲きそうです。
球根の脇から新しい葉が出てきました。天気がよくなったら撮ってみますね。

2008年4月12日




毎日どんどん色が変わるので、ほとんど毎日写真を撮っています。
この位変化すると、写真でも違いがわかるでしょうか?
相変わらず葉は全く出てきません。

2008年4月9日




色着いてきたような・・・?
昨日は春の嵐の雷雨で外に出ませんでした。
今日見たら、ツボミの中に赤い色が透けて見えます。
このまま咲くのでしょうか。
茎も緑っぽくなってきたような感じがします。

2008年4月7日



(左の写真)新聞紙を開いてびっくり(@_@)
(右の写真)あわてて鉢に植えました。

そろそろ植えようかと球根を出したら、花茎がニョッキリ伸びているのでびっくりしました。
既に10センチ以上ありますが、光線不足のため真っ白なのです。葉は出ていません。
あわてて鉢に植えて外の明るい所に置きましたが、これからどうなるでしょうか。
こういう経験ありますか?気になるので今年も記録してみようと思います。

2007年12月1日


まだ緑色の葉があるのですが、このまま置くと新しい葉が伸びてきそうな勢いなので、とりあえず掘ってみました。
ざっと洗って新聞紙にくるんで袋に入れてぶらさげておきます。
来年春に植えるまで、ゆっくり休眠してね〜。


球根日記にもどる

ホームページにもどる。