アネモネ コロナリア

春先に眠りからさめて華やかに春を告げる愛らしいアネモネは、毎年写真を撮ったり絵を描いたりして一緒に遊ぶ春の花です。
色鮮やかなアネモネが咲く明るい春をむかえるために、今年もプランターいっぱいに植えました。
栽培の記録は下からご覧下さい。

ホームページ

2006年4月8日
昨年咲いた後に植えたままだった球根とあらたに植えた球根がありますので、一重と八重、色も形もさまざまに咲きはじめています。
植えっぱなしだったものは背丈が低いですし花も小さめですが、それはそれで可愛いです。
今年は紫がちっとも咲きませんけど、どうしたのかな?
2006年3月25日


咲きました〜(*^^)v

大寒波による寒さが続いたので開花がとても遅かったですが、やっと咲きました。
今年の一番乗りは真っ赤な八重咲きでした。アネモネが咲くと何故かワクワクします。
いよいよ春が来るのですね。

2006年3月19日

花の色がわかる位に開きはじめました。
今年はいつまでも気温が不安定で、寒くなったり急に暖かくなったりします。
ツボミは気温に対応するのが大変なのかな?

2006年3月12日

葉の下をのぞいたら、ツボミが沢山出来ていました!
今年はいつまでも寒いので、暖かくなるのを待っているのでしょうか。
春よ来い〜♪

2006年2月6日

寒さのせいか成長が遅いですが、葉がいっぱいに茂ってきました。
今年は大寒波なので、開花が遅いかもしれませんね。

2005年12月8日発芽の様子

左は4日に撮ったもの。右は8日に撮ったものです。
プランター一面に発芽した芽が次々と立ち上がってきました。可愛い〜(^^♪
2005年11月20日植え付け

ふっくらとしてきました。もう白い根が出ている物もありますので、植えました。
アネモネの球根はとがっている方を下にして植えます。形がさまざまなので上と下がわからない球根は横に植えれば大丈夫。実際、上下がわからない物が多いです(^^;)。
かぶせる土は球根が完全に見えなくなる程度です。
2005年11月15日 吸湿開始

アネモネの球根は乾いてしわしわです。このままいきなり土に植えるとカビがはえやすいので、前もって少しづつ水分を吸わせる必要があります。
2年前までは湿らせたパーミキュライトに埋めておきましたが、それでも数個はカビました。昨年は湿らせたパーミキュライトを少しだけ容器に入れてその上に球根をならべ、上から濡れた紙をかけておいたのですが、この方法が良さそうです。紙タオルが乾くと水をかけています。数日でふっくらとしてくるので1週間以内に植えられます。

吸湿前と吸湿後の様子はこちらからご覧下さい。


球根日記にもどる

ホームページにもどる。