アネモネ 
2001年4月7日更新

アネモネは植える前の球根の処理が大切ですが、
あとはとても丈夫で栽培は難しくありません。
栽培記録は下からはじまります。

今年も沢山咲いてくれました。
コロナリアは最もアネモネらしくて、色も形も様々です。

球根の成長を一緒に楽しんで下さってありがとう。あなたのステキな春に乾杯〜♪

今年咲いたアネモネたちを、音楽と共にご覧下さい。


一番に咲いたのは紫でした。そして、2番目はピンク!
春一番に吹かれながら、ユラユラ〜。
次は何色かな〜♪

2001年3月7日撮影2001年3月14日撮影

2001年2月24日(ツボミ!ツボミ〜!)
2色のツボミが出来ました。
上を向くと、葉をおきざりにしてぐ〜っと伸びて咲くのですよね。
色とりどりの花に見えるのは実はガクで、真ん中にめしべ・おしべに見える部分が花だそうですが、何がなんでもいいのです。
アネモネが開けば春〜。

2001年2月12日(いつのまにか花芽〜♪)
アマリリスの成長に気を取られて花芽に気が付きませんでした。
今年は2回も雪が降って、プランターは真っ白に雪で覆われましたが、花芽が出来るのは昨年とほぼ同じ時期でした。自然界のリズムは不思議ですね。
右の写真は猫ちゃんのオーナメント。花たちの成長や季節の移り変わりをいつもながめているのです。
風が吹くと、風鈴にようにきれいな音がします。
11月2日10月21日
切れ込みが細かい可愛い葉が茂るように育ってきました。
背の高いものは20センチ近くあります。
植えた球根より沢山の芽が出ているような?
何時の間にか、芽がいくつも出ていました。
植えるとすぐに芽が出てくるのも、アネモネの楽しさです。
植え付けの下準備
10月3日10月12日
初めはこんなに乾燥してしなびています。
アネモネの他、ラナンキュラスなども、
腐蝕を避けるために乾燥保存します。
そのまま植えて急に水をあげると
カビたり腐ったりし易いので
軽く湿らせる下準備が必要なのです。。
ふっくらとしているでしょう?
私は5日以内に植えています。
用事や天気で植え付けが遅れ、
今年はちょっと長く置き過ぎました。

球根日記に戻る

ホームページ