秋姿 2つのジニアーーリネアリスとプロフュージョン

ジニアジニア

もう11月もなかば。わたしはセーターを着て暖かい家の中なのに
あなたたち、寒くないの?

太陽がまぶしかった夏が去っても、朝晩の空気が冷たくなっても、ますます元気に美しく咲き続ける花を見ると、花の命の素晴らしさと共に、愛しさといじらしさを感じます。

ジニアプロフュージョン
苗を買ってきてプランターに植えたのは、6月に入ってからでした。
それから次々と咲き続けましたが、真夏の一番暑い頃はちょっと褪せたような色になりました。私の手入れに何か原因があるのかと思ったのですが、夏の高温時にはそのような事があると書いてある本がありました。切り戻すたびに挿し芽を繰り返したらとてもよく根付いて、今ではプランターにあふれるほどに増え、秋冷と共に一段と鮮やかに咲いています。

ジニアリネアリス
寄せ植えに入れたのはたった1株でしたが、挿し芽で沢山増えました。
どちらのジニアも、赤玉の小粒に挿したのですが、高温の真夏でもよく根付きました。
根元にはこぼれ種から小さな芽が出て、秋口には咲き始めました。
リネアリスは、こぼれ種から咲いた花はちょっと小さいものもあります。又こぼれ種から咲いたプロフュージョンの中には、少し色が薄いものもありました。


ホームページはこちらです。

お花の目次はこちらから

(1999年11月12日)