星の王子さま

天気の良い昼下がりには、華やかな花がよく似合う。
曇った日には、しっとりした花がよく似合う。
その時の気分で選ぶ花が違う。
でも、特に理由もないのに、名前が可愛いからお花を買ってしまう事があります。

まだ寒い頃、春の花の苗が並んだ花屋さんでこの苗を見た時は、小さな葉っぱが少しあるだけでした。どんな花かも知らないけれど、名前が可愛いので買ってしまいました。
春の花が賑やかに咲いても、この苗はちっとも大きくならなくて、小さな小さな花が時々ちらほらと開く程度だったのですが、7月に入る頃からやっと花が増えて、今では鉢の地面を覆うように薄〜いブルーの小さな花が咲いています。
頼りないほどに小さくてなんということもない花なのに、ていねいに扱って可愛がってあげたくなるのは、その名が「星の王子さま」だからかもしれません。
キキョウ科だそうです。

ホームページはこちらから。
花づくしindexはこちらから

(1999年7月14日)