サフィニア・パーブルミニ

花言葉
(あなたといると、心が和らぎます。)

真夏のような太陽が照りつける日があったり、梅雨時のように雨の日が続いたり、暑くなったり寒くなったり、変化の激しい日が続いているうちに、ある日気が付いたら、まるで太陽の光を吸い込んだように鮮やかな花が一斉に開いていました。
夏の前ぶれの、湿気を含んだあたたかい風を今一番楽しんでいるサフィニア達。


雨の合間のひとときに
花はまるで話しかけるように、
こちらを向いて笑いかけます。

サフィニアがにぎやかになると、
夏はもうすぐ!。


ペチュニアから品種改良された花ですが、これはその中でも匍匐性が強い種類ですから、今はプランターから溢れるように一杯に咲いています。かなり伸びているので刈込みをしないといけないのに、こんな時にはなかなかハサミが入れられないものですね。

(5月30日)

ホームページ  花づくし