セイヨウオダマキ columbine

セイヨウオダマキ Aquilegia 英名 columbine、Europian crowfoot
キンポウゲ科 アキレギア(オダマキ)属。

学名のアキレギア(Aquilegia)は、鷺という言葉から名付けられたそうです。英名はコロンバインの他にEuropian crowfoot (ヨーロッパのウマノアシガタ)という呼び名があります。野草のウマノアシガタは葉の形が馬蹄に似ているから付いた名前だそうですが、このオダマキの葉は違うみたいです。ところで、crowfootではなくてfoot of crow ならカラスの足跡、つまり目尻の皺になってしまいますね。女性にとってはイヤな言葉。ちょっと脱線してすみません(^_^;)。

アメリカの大学の農学部のガーデンで見たオダマキは、まるで低木のように背が高くて大きな花でした。 カナダでも同様にとても大きいものを見ましたので、北米大陸の気候に合っているのかもしれませんね。
このオダマキは4号鉢の中で背丈30センチほどの小さな苗ですが、次々と咲いています。庭を持たない私にはこの位の大きさが丁度いいです(^^;)。

花言葉  贅沢

2008年5月5日 記