忘れな草

波悉くくちづけし、はた悉く忘れゆく・・・・・。
口ずさんでいたのは、悲しみを知らない少女の頃でした。
水色の小さな花と「私を忘れないで下さい」という花言葉は、
もうかえらない遠い日の、
初恋とも呼べない幼い淡いときめきを思い出させてくれます。

花物語
昔、恋人が川に浮かぶ青い花を欲しがったので、若者は泳いで取りにゆきました。流れにまきこまれながら若者はその花を岸辺の恋人に投げ、「私を忘れないで」という言葉を残して急流に呑み込まれてしまいました。
乙女は生涯この言葉を守り、この花を髪に挿してすごしたそうです。

2002年4月21日