北極圏の旅 (北欧かけあし旅行)

(5)オーロラ Dundret

カメラの防寒用カバーを持ってきた人もいました。
重い立派なカメラやレンズ持参の写真マニアもいました。
でも皆さんは、肉眼で見てこんなにぼんやりしたオーロラは撮影は無理だと言って撮影しませんでした。
デジカメじゃ無理でしょうと言う人もいました。
そんな中でシャッターを押していたのは私だけでしたが、こんな写真が撮れました。


なんとなく、雲にしては突然出現したような、
でも、ぼんやり明るい物が出てきたので、
とりあえずシャッターを押しました。
下に白く見えるのは、雪かきして山になった雪が街灯で光っているものです。

2002/04/03 8:46:43

次第に明るく見えてきました。

2002/04/03 8:47:56

もっとはっきりとしてきました。

2002/04/03 8:48:54

線はぼんやりしてきましたが・・。

2002/04/03 8:49:48

2002/04/03 8:50:32

そして次第に薄くなり、

2002/04/03 9:07:02

すでに肉眼では真っ暗な空でしたが。

2002/04/03 9:07:45

かすかに・・。

2002/04/03 9:08:36

部屋に戻って3時過ぎにカメラの充電をしていたら、窓から見る木立の向こうの空が随分明るいな〜と思いました。その頃カーテンが揺れ動くようなオーロラで出ていたそうです(涙)。

気が付いたら、撮影時刻が日本時間のままになっていました(^○^)。
現地時間は夜中です。時差を計算してあとで書き直しますね。

次はいよいよ、世界で最北の鉄道と最北の駅です!

北極圏の旅、最初に戻る

ホームページ