カナダ旅行記(3)
 ビクトリア 

バンクーバーを朝早く出て、観光バスでフェリーに乗りました。フェリーでは朝食程度のものは売っているので、朝はゆっくり起きてコーヒーだけ飲んで出かけました。
売店ではパンやサラダやデザートまで売っています。但し長い行列です。フェリーは1時間半位乗るのであわてる事はないからいろいろ買ってのんびり食べました。
船に乗って室内にいることもないのでデッキへ。

フェリー風を防ぐ壁のあるあたりでは、日差しがジリジリとして暑い!風が吹き付ける所は寒い!
でも折角乗ったのだから、あっち行ったりこっち行ったりしていたら、丁度乗っているのと同じフェリーとすれ違いました。
何故かこういう時って手を振ってしまうのも、旅先の楽しさですね。あちらからも手を振って答えてくれました。

バンクーバーからフェリーで渡ったところが美しい街ビクトリアです。

カナダ西部のブリティッシュコロンビア州の州都で、「今のイギリスよりもイギリスらしい街」といわれます。私はイギリスは空港しか行った事がないのでわかりませんが、カナダ人はたしかにそうだと言います。そして海外からの旅行者だけでなく、カナダ人にとってもビクトリアは人気があるようです。花の街ともいわれます。

港町の大通りには、観光者を乗せた馬車が走っています。
車道の向こうに見えるのは、世界屈指の博物館といわれるロイヤルブリティッシュコロンビアミュージアムです。今回は行きませんでしたが、カナダの自然・歴史・先住民文化の関する展示は勿論、開拓時代の街がそっくり再現されていたり、疑似体験出来る大掛かりな装置があったりしてとても広い博物館です。

ビクトリアビクトリア

ビクトリア港に近い商店街の通りで、可愛い女の子のトリオが演奏をはじめました。
他にも数人のストリートパフォーマーがいましたが、ちょっと古いメローな曲を演奏していたこの女の子達が、この街にいい雰囲気を漂わせていました。個人的好みかもしれませんが。

再びフェリーに乗って夕方のバンクーバーに戻りました。
翌日は、いよいよロッキーマウンテニア号で列車の旅に出発します!

カナダ旅行のはじめ バンクーバーブッチャートガーデン
ブッチャートガーデンの花 ビクトリア(この頁)列車の旅(1)
列車の旅(2)バンフカナディアン・ロッキー
ジャスパー(1)ジャスパー(2)

ホームページ