カナダ旅行記(7)
カナディアン・ロッキー

バンフとジャスパーを結ぶハイブウエイはアイスフィールド・パークウエイと呼ばれ、ルート沿いにはカナディアン・ロッキーを代表する素晴らしい景観が続きます。

レイク・ルイーズ
カナダというと先ず出てくる写真がレイク・ルイーズ。不思議な緑色をした湖水は、両側にせまる針葉樹の深い森と湖の向かい側の巨大なビクトリア氷河を鏡のように映しています。

レイク・ルイーズレイク・ルイーズ

それを真っ正面から見る事の出来る場所にあるのがシャトー・レイク・ルイーズというホテルです。この周辺にはこのホテルがあるだけで、静けさを保っています。
周囲の山は冬にはスキー場になって、沢山の人がスキーに訪れるそうです。

ペイト湖
このペイト湖は、水の色が一番美しい湖と言われますが、又、時期により時刻により湖水の色が変わる事でも知られています。

今年私が行ったのは6月中旬で、濃い紺色でしたが、夏になると緑色になります。
カナダ旅行記の最初のページに載せた写真はペイト湖なのですが、このページの写真の水面の左の方を見て下さい。岸のように見える色でしょう?これは上流から流れてくる氷河の色です。

ペイト湖夏が近づき氷河がどんどん溶けて流れてくるのがわかります。
カナダの湖の美しい色は、氷河が流れながら地表を削りとって運んで来る細かい岩や土によるものです。
そのつぶの量や成分や大きさや浮かんでいる深さなどいろいろな要素によって光の屈折が変わりますから、それが湖の美しい色を生み出したり、色の違いを起こすのだそうです。
この岩石のつぶは「ロック・フラワー」と呼ばれます。

コロンビア大氷原
アイスフィールドパークウエイの一番の観光スポットは、なんといってもコロンビア大氷原です。コロンビア大氷原は325km2、ここから流れ出す川は、北極海、太平洋、大西洋に注ぐという規模です。平均標高が3000mもありますので、ここで歩く事が出来るのはコロンビア大氷原から流れる氷河の一つ、アサバスカ氷河です。
右の写真の真ん中上方(雲の下)に見えるのがコロンビア大氷原のほんの端っこで、その全容は空からしか見る事ができません。そこから流れ出している氷河の一つがこのアサバスカ氷河です。
1万年以上前からの蓄積だと言われる氷の平原、そしてコロンビア大氷原の端から流れて今アサバスカ氷河になっている氷は800年ほど前の氷だそうです。
歩いていても動いているという感じは全くありません。

コロンビア大氷原コロンビア大氷原

全く同じコースを2度目だったのですが、やはりカナダの自然の大きさに圧倒される一日でした。

次に行ったのが、今回はじめて行ったジャスパーです。

カナダ旅行のはじめ バンクーバーブッチャートガーデン
ブッチャートガーデンの花 ビクトリア列車の旅(1)
列車の旅(2)バンフカナディアン・ロッキー(この頁)
ジャスパー(1)ジャスパー(2)

ホームページ